HOME > 病名検索 > 顔面神経麻痺
顔面神経麻痺の鍼灸治療特色・方針・目標

21世紀に入り、様々な神経の病気の原因が明らかにされ、また画期的な治療も次々と開発されています。
難攻不落であった神経内科疾患に対して、中国鍼灸グループでは新しい治療をいち早く患者さんに届けるべく積極的に実施しています。 中国鍼灸グループはあらゆる神経内科疾患に対し最善の治療を迅速に患者さんに届けられるよう目標としております。中国鍼灸グループでは、さまざまな先進的な技術を推進しております。 治療にあたっては、中国大学病院の専門施設との連携を行っています。

取り組み
顔面神経麻痺の治療前|顔面神経麻痺の治療結果 治療前
顔面神経麻痺の治療|顔面神経麻痺の治療結果 治療後

中国鍼灸グループの顔面神経麻痺の治療目的は、できるかぎりの回復の機会を提供することと顔面神経麻痺の完全な回復までの時間を短縮することです。 当院は30年前から積極的に顔面神経麻痺の針灸治療を取り組んできました。
各国の顔面神経麻痺に対する治療方法を研究し、当院の特殊な透穴針療法を開発しました。
透穴針療法で、多くの患者の顔ゆがみ、額のしわが消え、まゆ毛が上がらない、目が閉じきれない、口が斜めになり、 口もとが締まらなくて食べものがこぼれるなどの症状を正常に戻られました。
顔面神経麻痺の治療は中国鍼灸グループのもっとも得意な分野のひとつです。
当院は病院で顔面神経が死んでしまった患者さんも綺麗な顔つきに戻り、社会復帰には役に立っています。

治療実績
当院において、効果的な鍼灸治療の開発により、顔面神経麻痺は治癒率の非常に高い病気になっています。特に多岐に及ぶ症状を有する聴神経腫瘍切除後の麻痺や突発性顔面神経麻痺において、素晴らしい効果を発揮しています。
顔面神経麻痺の鍼灸治療のメカリズム
顔面神経麻痺の治療|顔面神経麻痺の治療結果 当院独自開発した【透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、脳組織と働きを健常化する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうつ
2.ハリに微弱電流を流します
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した脳組織を修復
4.「確率共鳴」という現象が起き、大脳の働きを活発化させる 5.脳の運動エリア、感覚エリアと黒質の働きが活発になって、被殻、尾状核、小脳や脊髄の神経細胞が活性化されます。
顔面神経麻痺治療の実際
透穴針 1.当院独自開発した【顔面透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。
顔面神経麻痺の鍼灸臨床経験
顔面神経麻痺の治療は、他の神経まひ疾患と同様、私の得意な分野のひとつです。
当院の治療では、顔面神経麻痺の回復が非常に早く、しかも確実性も非常に高いのです。
病院に見放された顔面神経麻痺の方は、ぜひ希望を捨てることのない様に、一度治療を受けてください。
顔面神経麻痺患者 飯元様 女性 29才
顔面神経麻痺の治療前|顔面神経麻痺の治療結果 治療前
顔面神経麻痺の治療|顔面神経麻痺の治療結果 治療後
朝起きた時に、右目が閉じれなく、顔が歪んでいることで、病院を受診、顔面神経麻痺と診断されました。ステロイド治療を受けたが、効果がありませんでしたので、中国鍼灸で鍼灸治療を受けました。
3回目、額のシワが寄せるようになりました。
9回目、常に出ていた涙が止まりました。
19回目、口の膨らませや、口笛の動作も顔の形も正常になりました。
1か月後、医者の再診を受けた際、「こんなに早く顔が綺麗に戻ったとは思いませんでした」と医者が驚きました。 (以上御本人の承諾をいただいて掲載いたしました。)
顔面神経麻痺患者 三水様 75歳 女性
昨日の朝、起きた時に突然、顔面神経まひに気つき、急遽近くの耳鼻科に尋ねて、先生に針治療を勧められました。
清風高等学校長先生の紹介で、グループ中国鍼灸の鍼灸治療を受けました。7回目の時に既に顔が7割回復しましたが、旅行の予約がキャンセルできなくて、治療を中止し、そのまま旅行へ行きました。
1週間後帰りました頃、もうすっかり顔の形が元に戻りました。

顔面神経麻痺患者 土肥様 65歳 男性 宮城在住

その節は大変お世話になりました。今、歪んだ顔もすっかり元通りになり、人前にも平気になりました。
去年夏に顔面神経麻痺に罹って、掛かり付けの医師から中国鍼灸を紹介されました。不安な気持ちを持ちながら、「こんなに歪んだ顔は戻るかな・・・」などの疑問を持っていました。2週間経って、針灸治療は順調に終了し、顔は見違えるほどの改善がみられました。危惧された後遺症もなく、お会いする友人から祝福と驚きのことばを受けています。
いまは康先生に感謝の気持ちが満ち満ちて毎日元気に働いています。これから、私が病気になったら必ず鍼灸治療にかかります。

マスコミ掲載

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
グループ中国鍼灸・中国整骨院