HOME > 病名検索 > 顔面神経麻痺
顔面神経麻痺

顔面神経麻痺とは、顔の表情筋を支配している末梢神経である顔面神経が支障をきたし、その支配領域の運動がきちんとできなくなり、額のしわが消え、まゆ毛が上がらない、目が閉じきれない、口が斜めになり、口もとが締まらなくて食べものがこぼれる状態です。

神経は、脳や脊髄の中枢神経と、そこから出ている末梢神経に分類されます。顔面神経は左右の脳幹から内耳道、中耳腔を通って顔面に出る脳神経で、いろんな機能の枝を出します。

脳幹の中枢から下、末梢に走行するにつれて、(1)涙腺への神経に、(2)中耳の小さな骨に行く神経に、(3)味覚を感知する鼓索神経に、(4)顔面の運動神経にと次々に機能が異なる神経を出しながら最後に顔の動きを調節する神経となって顔に分布されます。

顔面神経は耳下腺を貫いて、顔に出てきます。脳卒中、脳腫瘍(聴神経腫瘍)、けが、化膿性中耳炎、耳下腺の手術などさまざまの原因で、どこかで障害を受けると顔面神経麻痺が生じます。顔面神経麻痺になりますと、急性顔面神経麻痺或は亜急性顔面神経麻痺に発症します。

原因疾患が明らかな症候性顔面麻痺と、明らかな原因が不明な特発性顔面神経麻痺(ベル麻痺)とに分けられます。顔面神経麻痺の原因疾患として多いのは、ヘルペスウイルス感染症で、典型的には口唇ヘルペスを以前患った方が突然の顔面神経麻痺で発症します。ほかには腫瘍や代謝疾患が原因となる場合もあります。

取り組み

中国医学鍼灸院の顔面神経麻痺の治療目的は、できるかぎりの回復の機会を提供することと顔面神経麻痺の完全な回復までの時間を短縮することです。当院は二十年前から積極的に顔面神経麻痺の針灸治療を取り組んできました。

各国の顔面神経麻痺に対する治療方法を研究し、当院の特殊な透穴針療法を開発し、そして透穴針療法で、多くの患者の顔ゆがみ、額のしわが消え、まゆ毛が上がらない、目が閉じきれない、口が斜めになり、口もとが締まらなくて食べものがこぼれるなどの症状を治ししてきました。

中枢性顔面神経麻痺でない患者さんが顔面神経麻痺を発症して2週間以内に、当院に来られた場合、患者さんの多くは10回針灸治療で、消えた額のしわ、上がらないまゆ毛、閉じきれない目、斜めになる口、締まらない口もとが元に戻れます。

顔面神経麻痺の治療は中国医学鍼灸院のもっとも得意な分野のひとつです。当院は多くの病院でなかなか戻れられなっかた古い顔面神経麻痺患者もたくさん治ってきました。斜めになる口が気になる患者さんも綺麗な顔つきに戻り、社会復帰には役に立っています。

1鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%を占めます。多くは5-7回針灸治療でかなり症状が軽減されます。

治療実績

鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%を占めます。多くは5-7回針灸治療でかなり症状が軽減されます。
当院において、効果的な鍼灸治療の開発により、顔面神経麻痺は治癒率の非常に高い病気になっています。特に多岐に及ぶ症状を有する聴神経腫瘍切除後の麻痺や突発性顔面神経麻痺において、素晴らしい効果を発揮しています。